介護の仕事をしながらブログを運営している"ブロガーお助け屋”

”ブロガーお助け屋”ってなに?

【鉄則】https設定をWordPressでする方法!SSL設定するメリットは?

 







この記事を書いている人 - WRITER -
青木なおと
プロ野球のブログを書いていくうちにSEO関連に興味を持ち猛勉強しています。今、ブログ集客に悩んでる方の少しでも参考になるブログを目指してのんびり更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

ブログやサイトを運営しているとよく聞くことがある【https化】または【SSL設定】この2つのどちらかをブログを運営したことがある方ならわかると思います。

 

みなさんはなんでこの設定が必要なのかしっかりと把握されていますか?

 

今回はこのSSL設定について解説を行っていきます。

 

  • https(SSL)設定とはなんなのか?
  • 設定をすることのメリットとは?
  • 設定方法

 

この3つを要点に解説を行っていきます。私自身も最初のブログ運営の時はこの設定のことを知りませんでした。

 

この設定はGoogleからのサイトの信頼度をあげるために重要な作業となっています。

 

記事数が増えてからだとリダイレクトする必要があり時間を無駄にしてしまうので、サイトを作ったら必ず初めに取り組んでください。

 

スポンサーリンク

https(SSL)ってなに?

 

わかりやすくいうと「通信を暗号化して安全にサイト(web)情報のやりとりを行う事ができる」ことです。

 

例えば、とある有名企業のデータが通信からハッキングされ盗まれる…

 

なんてドラマのワンシーンでありそうなことを【https】に設定することで情報が盗まれても暗号化されているので判別ができないようになります。

 

どうやって【https】サイトってわかるの?

 

表示されているサイトがhttpsってわかる方法は2つあります。

 

ブラウザに鍵アイコンがついている

 

画像のブラウザはグーグルクロームですがこのように鍵アイコンがついています

 


 

※閲覧環境やブラウザのバージョンが違っていると見え方がことなる場合があります。

 

サイトのURLが【https】から始まっている

 

一般的には【http】とはじまっていますがこの設定を行っているサイトは【https】から始まっています。

 


 

※閲覧するブラウザのバージョンによっては【https】が省略される場合があるそうなので、そしたら鍵アイコンで確認をしてください。

 

https(SSL)設定をするメリット

サイトの安全性を高める

 

上記でも書いてある通り今は世界中から迷惑メールや迷惑コメント(スパム)などが入るようになっています。

 

そこでこの設定をするとあなたのサイトが乗っ取りにくくする効果があります。

 

成果が上げやすくなる

 

サイトを【https】に設定するとグーグルの方で「お、このサイトはセキュリティで安全だな」と評価がよくなります。

 

評価が良くなるという事は、成果につながりやすいサイトになるということです。

 

信頼度が高くなる

 

サイトを運営している人たちならこの設定は必要事項となっているため、設定をしていないとあなたのサイトを見に来たお客様からの信頼度が下がってしまいます。

 

信用度は集客をしていく上で必要なものですよね?なので必ず設定をしましょう!

 

https(SSL)設定をWordPressで行う方法

 

設定方法はXサーバーを契約している前提で行っていきます。他のレンタルサーバーを契約されている方はサーバーの公式ページを見て設定をしてください。

 

↓Xサーバーの詳しい内容を見る↓

↓Xサーバーの登録はこちらから↓

 

 

URLに「S」を追加する

 

まずは自分のサイトにログインをします。※今回は私の「テストブログ」を使用して解説していきます

 


 

そこからマウスを左上の動かし「ダッシュボード」をクリックします。そうすると「管理画面」に戻ってきます。

 

欄の「設定」にマウスを置き「一般」をクリックします。

 

 

  • WordPress アドレス (URL)
  • サイトアドレス (URL)

 

この2つがあると思います。そこにサイトのアドレスがあるので「http」のところを「https」とSを付け足してください。

 

 

 

付け足したら下に戻り「変更を保存」をクリックします。そうするとこのようになると思います。

 

 

保護がされていないと警告がでてると思います。それでは次の設定に進んでいきますね!

 

独自SSL設定をする

 

次に「Xサーバー」「サーバーパネル」にログインをしてください。

 

そうしたら「設定したいドメイン」を選択し「ドメインの欄」にある「SSL設定」をクリックしてください。

 

 

「独自SSL設定の追加」をクリックし内容を確認します。

 

 

 サイトURLを確認する
 CSR情報にレ点を入れる
 独自SSL設定を追加するをクリック

 

この手順で行ってください。

 

※修正 CSR情報にレ点を入れなくてもSSL設定は可能です

 

これで「独自SSL」の設定は終わりです。反映されるまで1時間ほどかかるのでのんびりコーヒーでも飲んでてください!

 

 

コードを追加する

 

ここからは↓のコードを使用するのでさきにコピーをしといてください

 

 

次にエックスサーバーの「インフォパネル」にログインをしてもらって「サーバーパネル」にログインをします。

 

「ホームページ」の欄の中にある「.htaccess編集」というのがあるのでクリックします。

 

 

自分のドメインを選択します。

 

※この機能は上級者向けと表示がされていますがこの通りやれば大丈夫です。

 

「.htaccess編集」をクリックするとこのようなコードがズラーーーーって並んでいると思います

 

 

一番上の部分を改行してもらって、さきほどコピーしたコードを改行した部分にペーストします。

 

↓このようになると思います↓

 

 

ペーストが完了したら「.htaccess編集する(確認)」をクリックし「確定」をおしてください。

 

サイトの保護が完了されるまで半日から1日くらいかかる場合があります

 

このブログを設定した時は丸1日掛かったよ!

NAOTO

 

このあとサイトがちゃんと表示されれば設定は終わりです。ここまでお疲れさまでした!

 

途中からhttps(SSL)設定をしたい場合は?

 

WordPressで長い間SSL設定を行わずにサイトを運営していた場合は膨大な記事数もあるため、プログラミングのスキルがなければ設定を行う事は非常に難しです。

 

サイト自体のSSL設定を行う事は可能ですが、1個1個の記事のURLも変わってしまうためSEO評価が「0」からのスタートになります。

 

そういったことを防ぎたいのであれば、残念ながら有料サービスに申し込んで信頼できる外部の人にやりかたを教えてもらうor金額を払って頼んでくしかないです。

 

私は金額を払ってBMSでお世話になっている「ガミタカ」さんに設定を依頼しました。

 

もし私と同じように記事数がすでに多くSSL設定ができないという方は相談してみてくださいね!

 

↓ガミタカさんのブログへ↓

 

まとめ

 

以上でhttps(SSL)設定の解説記事となっています。さいごにこの記事の内容をざっくりとまとめておきます。

 

 httpsに変更すると情報が安全にやりとりできる
 主に信頼性を高めるために必要な設定
 設定方法は上記参照
 レンタルサーバーによっては設定方法は変わってくる
 すでに多くの記事数がある場合は独学でSSL設定を変更することは難しい
 私は以前、「がみたか」さんの有料サービスに申し込み変更してもらった

 

あなたのサイト自体の信頼性を高めるために必要な設定なので忘れずに必ず行っていきましょう!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

↓サイトを作ったら忘れないで設定してね↓

>>【ブログの作り方・完成版】初心者もマネするだけで簡単設置!<<

この記事を書いている人 - WRITER -
青木なおと
プロ野球のブログを書いていくうちにSEO関連に興味を持ち猛勉強しています。今、ブログ集客に悩んでる方の少しでも参考になるブログを目指してのんびり更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




スポンサーリンク











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 青木なおとのブログ , 2018 All Rights Reserved.