介護の仕事をしながらブログを運営している"ブロガーお助け屋”

”ブロガーお助け屋”ってなに?

【SNS Count Cache・設定と使い方】ブログでSNSのシェア数を表示!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
青木なおと
プロ野球のブログを書いていくうちにSEO関連に興味を持ち猛勉強しています。今、ブログ集客に悩んでる方の少しでも参考になるブログを目指してのんびり更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

「SNS Count Cache」というのはWordPressプラグインの1つです。

 

このプラグインをインストールすることでTwitter・LINE・インスタグラム・FacebookといったSNSでのシェア数をカウントしキャッシュに保存をしてくれます。

 

↑実際にカウントされている画像がこちらになります。

 

 

また↑にのように記事ごとにSNSでシェアされている数も確認することができます。

 

  • どの記事がSNSでシェアされているか確認したい
  • プラグインの設定方法を知りたい

 

といった方に向けた記事となっています。

 

設定が少しめんどくさいからゆっくりやっていくよ!

NAOTO

 

SNS Count Cacheのメリット

 

SNS Count Cacheの入れるメリットをパパっとまとめました。

 

 記事のSNSボタンにシェア数を表示できる
 シュア数表示によって人気記事とユーザーに判断される
 記事ごとのシェア数を把握できる
 記事ごとにキャッシュをされサイトの高速表示になる

 

この4つを見るだけでメリットだらけだね!

NAOTO

 

SNS Count Cacheを設定

 

ではさっそくプラグインをインストールしていきましょう!

 

SNS Count Cacheをインストール

 

「プラグイン」「新規追加」から「SNS Count Cache」と検索し「インストール」から「有効化」を選択してください!

 

 

有効化が完了されると「ダッシュボード」の欄に「SNS Count Cache」が追加されています。

 

シェア基本キャッシュ機能の設定

 

「設定」のタブをクリックすると「シェア基本キャッシュ機能」という欄があると思います。

 

 

  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINKEDIN
  • Pocket
  • ツイッター

 

この6つには必ずチェックをいれてください。設定はこれだけで大丈夫です!「設定の更新」をクリックしてください。

 

シェア数を取得するために必要な設定が不足しています。次のセクションで必要なパラメータを設定して下さい

 

と出てきます。Facebookのシェア数を取得するには

 

 App ID (Client ID)
 App Secret (Client Secret)

 

この2つが必要なので、取得していきましょう!

 

Facebookのシュア数を取得する設定を行う

 

まず、Facebookにログインをした状態で、【Facebook Developer】ページを開きます。

 

↓ここをクリックするとページへ行けます↓

 

トップページの右側に表示されている「マイアプリ」から「新しいのを追加」を選択します。

 

 

新しいアプリIDを作成と入力欄が出てきます

 

 

入力を行っていきます。

 

  • 表示名には【サイト名】入力
  • メールアドレスを入力

 

してください。入力したら【アプリIDを作成してください】を選択して次にいきましょう!

 

セキュリティチェックが完了したら「ダッシュボード」に変わると思います。

 

 

画面左側にある「アプリレビュー」から

 

 

「アプリ」を公開状態にします。ふたたび、ダッシュボードに戻っていただき左の欄にある「ベーシック」を選択します。

 

  • アプリID
  • App Secret

 

この二つが表示されますので、コピーをしてメモ帳かどこかに保存をしておきましょう。

 

 

 

【SNS Count Cache】の設定画面に戻りさきほどの、入力欄にペーストしていきます。ペーストが完了したら、「設定を更新」をクリックすれば完了です!

 

これでFacebookの方は設定完了です。次はTwitterの方の設定をおこなっていきます。

 

Twitterのシェア数を取得する設定

 

Twitterのシェア数を取得するためにはwidgetoon.js& count.jsoon」というサイトに登録をする必要があります。

 

「シェア基本キャッシュ機能ーTwitter」の欄からリンクがありますが、念のためアクセスするためのページを↓こちらののせておきます。

 

widgetoon.js& count.jsoon」はここを押す↓

 

 

リンク先に行くとサイトが表示されますので、「サイト登録申請」のボタンを押してください。

 

 

  • 規約に同意
  • 登録をしたいサイトのURLを貼る
  • メールアドレスを入力

 

この3つを選択・入力をしていきます。すべての入力を終えたら「サイト登録」のボタンを押します。

 

 

これで登録申請が完了しました。完了メールが届くまで1日~2日ほどかかるのでのんびりまっていましょう!

 

完了メールが届くと、ユーザーページへのアドレスが書かれているのでアクセスします。

 

あとはサービス状態のところにある「Twitter連携」を押してTwitterと同期をすれば設定が完了です!

 

SNS Count Cacheの使い方

 

主な使い方は簡単で「シェア数」見ることだけになります。SNS Count Casheのを開くき「シェア数」のタブを押すと

 

 

このおゆに記事ごとにSNSでどのくらいシェアされているかカウントを表示してくれます。

 

  • どういった記事がSNSで人気なのか?
  • なんで人気なのか?

 

こういったポイントを考察するとさらに記事を書くのがおもしろくなります!

 

SNS Count CacheはSNSのシェア数を確認するプラグイン!

 

以上で、SNS Count Cacheの設定と使い方について解説がおわります。

 

SNS時代となっているのでシェア数を見ることでブログに対してのモチベーションアップにもつながりますよね!

 

最後にこのプラグインの挿入するメリットをもう一度、書き残しておきます。

 

 記事のSNSボタンにシェア数が出される
 シュア数表示によって人気記事とユーザーにわかる
 記事ごとのシェア数がわかるようになる
 記事ごとにキャッシュをされ表示速度の低下を防げる

 

ブログを運営している人にはめっちゃ必要なプラグインだよ!

NAOTO

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!ほかにもブログで役立つプラグインをまとめています。

この記事を書いている人 - WRITER -
青木なおと
プロ野球のブログを書いていくうちにSEO関連に興味を持ち猛勉強しています。今、ブログ集客に悩んでる方の少しでも参考になるブログを目指してのんびり更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 青木なおとのブログ , 2018 All Rights Reserved.