ブログでいろいろなことを発信するのが好きなブログ集客家

プロ野球とブログの更新が大好きな管理人・青木なおとのプロフィール

SEO・内部対策とは?本当に必要なことを【5分で解説】

 







この記事を書いている人 - WRITER -
青木なおと
プロ野球のブログを書いていくうちにSEO関連に興味を持ち猛勉強しています。今、ブログ集客に悩んでる方の少しでも参考になるブログを目指してのんびり更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

SEO対策の1つである内部対策。外部対策と違って運営しているサイト・ブログ内をSEO対策する手法と言われています。

 

  • 内部対策とはいったいなんなのか?
  • 内部対策に必要なことは?

 

できる限り簡単に5分でわかるよう解説をしていきたいと思います。

内部対策のことを知りたいけど簡単にまとめてあるところがなくてわからない!!といった方のために書いていきます。

 

カップラーメンで出来上がるのをまっている間にこの記事を読むと良いです!

 

スポンサーリンク

SEO対策の内部対策とは?

 

外部対策がブログやサイトの中ではなく外側から自分のWEBページの評価を高めていく方法となっていますが、内部対策はその反対で「自分のサイト内で行うSEO対策」と言われています。

 

  • サイトマップを整える
  • パンくずリストの作成
  • サイトの構造をわかりやすくする
  • タグを適切に設置する

 

といった対策が主に内部対策では必要となっていきます。

 

内部対策で必要なことは?

 

  • AI(クロウラー)の巡回を促す
  • サイトやブログの作りをAI(クロウラー)に適切に伝える。

 

おもにこの2つが内部対策で大きな肝となっていきます。適切に内部対策を行うとGoogleにコンテンツ内容は適切だよ!って知らせる効果があります。

 

そもそも何でAIにサイトを巡回させることが必要なのか?検索順位というのは

 

 Googleのwebサイトを収集する機械(「AI」や「bot」や「クロウラー」と言われている)の巡回

 書いた記事(ページ)のインデックス(書いた内容がGoogleのデータに登録する)

 記事がどの順位で表示するか決定(インデックスされたデータをもとにアルゴリズムが判断し順位を決定)

 

 

このような流れで投稿したコンテンツの検索順位が決まってきます。

なので、良質なコンテンツを作ることも大切ですがAIが巡回しやすいサイト構造にしていくことも非常に重要です。

 

ではここからは具体的にどんな内部対策を行っていった方が良いのか?それぞれ上げていきます!

 

クロウラーの巡回させる!

 

順位決定の最初の判断基準、Ai(クロウラー)がしっかりと巡回してくれるための対策です。

 

Aiをサイトに呼び込みインデックスしてもらいいためコンテンツを巡回させる必要があります。

 

このAI(クロウラー)は非常に恥ずかしがり屋なので1回呼び込んだだけじゃ忙しくて簡単に来てくれません。

あきらめずに何度もコンテンツを作成することでやっとサイトに遊びに来てくれます。

 

XMLサイトマップを送信する

 

プラグインでも見たことがあるXNLサイトマップはAI(クロウラー)向けのサイトマップとなっています。

 

このサイトマップを作成することで一度、AIが遊びに来たら以降は巡回を依頼することができます。サイト内のすべてのページを巡回してくれるので漏れがなくなります。

 

またこの巡回によって変なページを見つけたらGoogleサーチコンソールで知らせてくれるので大助かりです。

 

 

GoogleサーチコンソールでXMLサイトマップの送信を行いたい場合は「クロール」⇒「サイトマップ」⇒「サイトマップ追加/テスト」から送信を行う事ができます。

 

今は記事を投稿するたびに「Fetch as Google」を行っていればそこまでこの機能を使う必要はありません。

 

パンくずリストは作成

 

パンくずリストというのは今、あなたがサイト内でどのくらいの階層にいるのか表示をしてくれる機能です。

 

大きなサイトによってはカテゴリーが何階層もあることろがあります。このパンくずリストを作ることによってAIや訪問者が現在どこにいるのか把握するために重要なリストとなっています。

 

構造をわかりずらくしない

 

コンテンツの量が増えていくとついつい、カテゴリーの階層を増やしたくなると思います。ですが階層を増やし過ぎてしまうとAIが「ごちゃごちゃしたサイト」と認識してしまいます。

 

おもに2クリック以内ですべてのページに行き渡る作りにしておくと良いです!

 

関連記事を貼り過ぎない

 

記事を書いたばかりの初心者さんは「この記事をみてもらおう!あの記事も見てもらおう!」とサイトからの回避率を下げるためにその記事とは関連がない記事のリンクを貼ってしまいがちです。

 

貼り過ぎは逆にコンテンツの質の低下を招くのであくまでもその読者がこの記事を貼っておけば役立つだろうな…って意識して貼っていきましょう。

 

AI(クロウラー)が来た!

 

AIが遊びに来てくれた場合に備えてどのような対策をしておけばいいのかポイントを書いていきます。

 

タイトルは必ずh1で!キーワードを入れる

 

見出しのタグにはh1~h6まであります。その中でもh1タグはAIが「どんなところなんだろう?」と真っ先に見る重要なところです。

 

お店の看板見たいなもんですね!このh1にはどんなページなのかわかりやすく簡潔に入力をしていきます。

 

またその際に重要なのか読者にどういった意図で検索されたいか「検索キーワード」を左から順に入力していきましょう。

 

ただしキーワードとコンテンツが関連している内容でないとAIは激怒しますので気をつけてね!

イタリヤレストランの見た目と看板を出しているのにメニューが和食しかない店だったら皆さん怒りますよね?

 

見出しタグの使い方に注意

 

見出しはAIにも読者にもどんな内容が書かれているか知らせるために必要なタグです。見出しがない記事はただ文章を羅列しただけ

 

  • なんの記事かわからない
  • 読むのが非常に疲れる

 

といったデメリットだらけになってしまいます。また見出しを設置することによってAIがコンテンツのどのあたりにいるのか目印になります。

 

非常にAIは道に迷いやすいので見出しもちゃんと番号順に入力する必要があります。

 

複製の場合は必ず引用タグをつける!

 

  • コンテンツなどの無断複製
  • オリジナルのコンテンツがなーーーーーんにもないページの作成

 

この2つは絶対的に嫌っています。他のサイトから文章や画像などを借りるときは必ず「引用タグ」をつきましょう!

 

一つの記事が複数のページ分かれている場合

 

これは一部のWordPressテーマを使用しているときに対策が必要になります。

 

詳しくは「Googleのウェブマスター向け公式ブログ」を参考にしてください。

 

まとめ

 

最後にこの記事の内容をざっくりと書いていきます。

 

 内部対策とは自分のサイト内で行うSEO対策

 必要なことはAI(クロウラー)を適切に巡回させる

 

まとめると非常に少ない文章になりますが、つまりはAIにも訪問者にもわかりやすサイトの構造にしておくとが一番の内部対策になります。

 

そうすれば自然に検索順位があがっていきます。ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

え?なに?5分以上かかっている??ごめんm(__)m

 

↓本当に必要なSEO対策についてこちらの記事でまとめています↓

>>SEO対策で本当に必要なことは?やることを徹底的にまとめてみた!<<

この記事を書いている人 - WRITER -
青木なおと
プロ野球のブログを書いていくうちにSEO関連に興味を持ち猛勉強しています。今、ブログ集客に悩んでる方の少しでも参考になるブログを目指してのんびり更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




スポンサーリンク











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ナオトのブログ , 2018 All Rights Reserved.