介護の仕事をしながらブログを運営している"ブロガーお助け屋”

”ブロガーお助け屋”ってなに?

【完全版】プロ野球2019年シーズン流れや問題点をまとめてみた!

 







この記事を書いている人 - WRITER -
青木なおと
プロ野球のブログを書いていくうちにSEO関連に興味を持ち猛勉強しています。今、ブログ集客に悩んでる方の少しでも参考になるブログを目指してのんびり更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

プロ野球のシーズンや1年間の流れってどんな感じかなって思ったことありませんか?

 

シーズンの流れはわかるけど、オフシーズンのときってどういった楽しみがあるのか記事にしていきます。

 

  • プロ野球1年間のシーズンの流れってどんな感じなのか?
  • シーズンの問題点ってなんなのか?

 

主にこの2点について今回は書いていきます。

 

この記事を見ることでさらにプロ野球に関する知識が深くなり今、以上にプロ野球を楽しく見ることができます!

 

スポンサーリンク

プロ野球・2019年シーズンの試合数は?

 

2019年のプロ野球の日程が発表されていました!

 

 

2018年シーズンとあまり変わらない試合数となっています。

 

プロ野球・2019年シーズンの流れ!

 

ここからはプロ野球の1年間のシーズンの流れや話題にとなっている問題点について解説をしていきます!

 

まずは2019年シーズンの流れからになります!

 

2月上旬~2月下旬:春季キャンプ

 

画像引用⇒NPB(2018年春季キャンプ)

 

プロ野球でいう新年は「春季キャンプ」から始めります。ファンやメディアでも球春(きゅうしゅん)と報道されていますね!

 

毎年、この春季キャンプは気候があったかい地方(宮崎県・沖縄県・アリゾナ)で行われます。

 

主に春季キャンプは1軍と2軍でキャンプ地が少し離れており主に1軍は

 

  • 新しく加入した選手
  • 期待の若手
  • 主力選手

 

などが日々、きつい練習を行っています。もちろん2軍の方は主に

 

  • 怪我などで出遅れた選手
  • レベルアップを図る選手
  • ベテラン勢

 

が2軍のキャンプに参加されていることが多いです。

 

私も2018年の春季キャンプを見に沖縄の宜野湾に行ったんですが気温が25度以上あって2月とは思えないほど暑かったです。(でも過ごしやすかった…)

 

選手が目と鼻の先にいて、運が良ければハイタッチなどをしてくれるのでカメラ片手に現地にいくと大興奮します!

 

もちろん選手の休養日もあるので練習メニューを把握してから現地にいきましょう!

 

↓プロ野球2019年春季キャンプ・各球団のキャンプ地情報まとめ↓

>>【プロ野球2019年春季キャンプ】日程や場所を一挙紹介するよ!<<

 

2月下旬~3月下旬(開幕まで):オープン戦

 

2月末からは3月下旬まではオープン戦が実施されます。このオープン戦というのは簡単にいうと…

 

ペナントレース(公式戦)前の練習試合

 

といった感じです!オープン戦はセリーグ・パリーグ関係なく両リーグとも対戦が実施されます。首脳陣はオープン戦で選手の状態を見極めながら

 

  • 開幕投手
  • 開幕スタメン
  • 開幕1軍入り選手

 

を判断していきます。若手やレギュラー争いしている選手達にとってはこのオープン戦も非常に重要な時期です。各球団のファンはSNSなどで

 

  • 「開幕投手はあいつだろ!」
  • 「今年のあいつは良い感じだな!」
  • 「私の好きなあの選手は活躍してくれるかな?」
  • 「優勝はこの球団だな!」
  • 「開幕スタメンの予想したぜ!」

 

といろいろな予想や論議が行われます!こうした不安や期待の感情をもちながら、いよいよプロ野球が開幕していきます!

 

またこの時期から、各球団のファンがTVで試合中継をみようとスカパー!プロ野球セットに契約を再開します。

 

↓スカパー!プロ野球セットの詳細へ↓

↓スカパー!プロ野球セットに契約する↓

 

3月下旬~4月以降:ペナントレース開幕

 

いよいよ、ファンが待ち望んだプロ野球の2019年シーズンが開幕します!!自分が応援している球団や選手を思いっきり応援していきましょう!!

 

開幕戦というのは
  • 開幕セレモニー
  • 始球式
  • 各テレビ局で生中継

 

が行われ非常に注目度が高くなっています!また上記の以外にも開幕戦というのは両方の球団のエース投手が登板されます。

 

そういったこともあり、チケットは年々非常に取りづらくなってきています。

 

見どころ
  • 開幕戦は注目度が高い
  • 新人や注目の若手が出場することもある

 

6月下旬~6月下旬:セ・パ交流戦

 

リーグ戦はいったん中断され、セ・パ交流戦が開幕されます。セ・パ交流戦というのは…

 

セリーグ6球団VSパリーグ6球団で各3試合ずつ(1球団18試合)の日程で行われます

 

交流戦のみの順位もありますし試合の勝敗がペナントレースの順位に大きく関わってきます。

 

セリーグはパリーグに2009年以降、負け越しているので2019年交流戦はどうなるか注目ですね!

 

交流戦のみどころ
  • パリーグ・セリーグの選手を見れる
  • パリーグ・セリーグの選手の応援歌やチャンステーマが聞ける
  • 交流戦ならではのイベント試合が多い
  • 交流戦ならではの「最優秀選手」「優秀選手賞」が設けてある
  • どっちのリーグが交流戦を優勝できるか?

 

またこの時期から7月中旬に開催される「オールスター」のファン投票が開始されますので、見たい選手に投票するのもありですね!

 

6月下旬~7月中旬:前半戦終盤

 

交流戦が終わり、少しの間ペナントレースがお休み期間に入ります。その後、セリーグ・パリーグで別れてリーグ戦が再会されます!

 

見どころ
  • 交流戦勝ち越せたチームは勝ち越し数(貯金)を増やして前半戦を終えるか?
  • 交流戦負け越したチームはその遅れを取り戻すことができるか?

 

この2点で注目されます。

 

プロ野球:オールスター開幕

 

  • ファン投票
  • 選手間投票
  • 監督推薦
  • プラスワン投票

 

この4つの選抜方法で、選出されたセリーグの選手VSパリーグの選手で試合が実施されます!

 

プロ野球でいうと年に1度のお祭りなので開催される球場のチケットは非常に取りづらく開幕戦以上にプレミア化します。

 

2019年のプロ野球オールスターゲームの開催球場は…

 

  • 東京ドーム
  • 阪神甲子園球場

 

で開催が予定されています!東京ドームと甲子園球場のおすすめ座席についてはこちらの記事で解説を行っています。

 

 

オールスターの見どころ
  • スター選手が集まり試合をする
  • 試合前の強打者が出場できる「ホームランダービー」がある
  • 普段歌うことができない応援歌やチャンステーマを歌える

 

2019年は甲子園でのオールスターが見られるので、またこの動画のようなことが起きると思うとたのしみです!!

 

 

↓2019年プロ野球オールスターに関する記事はこちら↓

>>【プロ野球・オールスター2019】チケット発売日やいつ開催する?<<

 

7月下旬~8月下旬:シーズン後半

 

オールスターが終わり、ここから一気にペナントレースは熾烈になってきます。

 

特に8月は基本月曜日以外はほとんど試合が行われ、連戦が続く日程となっています。また連日の猛暑により選手たちの疲労がより大きく出てくるのがこの時期です。

 

毎年、この時期は中継ぎ陣の疲労がピークを迎える時期なので打者の成績が上がりやすい傾向です。

 

疲れがたまってきた選手は2軍に下げてリフレッシュするなど対応をとってチーム一丸となって乗り越え優勝を目指す大事な時期でです!

 

夏休みの時期になるため、球場には多くの子供たちが連日来きます!イベント試合もこの時期は多く開催されることが多いです!

 

ポイント
  • 優勝争い・CS争いが過激になってくる
  • 選手の疲れがたまってくる時期
  • 打者には有利の時期
  • 夏休みに入るためイベント試合が多くなる

 

9月上旬~10月上旬:シーズン終了へ

 

苦しい夏が終わり、いよいよシーズン終了が近づいてきます。早ければ9月中旬にはペナントレース優勝する球団が出てきます。

 

選手達にとっては「一番大事な時期」とこの時期は言われています。

 

シーズンの前半戦で雨天中止となった振替試合が9月中に入ることが多く中止が多い球団の場合はここで連戦が組み込まれる可能性もあります。

 

優勝チームが決定したリーグでも今度は、クライマックスシリーズに出場するため連日死闘が繰り広げられます。

 

セリーグはここ数年、クライマックスシリーズの出場決定が10月上旬までわからないことが続いているので最後まで目が離せません。

 

また9月に入ると、「戦力外通告期間」に入り引退をする選手や野球をしたくてもできない選手がユニフォームを脱ぐといったニュースが入るようになってきます。

 

功労者には引退試合を設定するところもあるので、この時期は非常に寂しい時期にもなります。

 

ポイント
  • ペナントレースの優勝が決まる
  • クライマックスシリーズの出場チームが決まる
  • 戦力外通告期間になる
  • 功労者には引退試合を設ける

 

4位以下の球団はクライマックスシリーズの進出ができないので、ペナントレース終了後はシーズン終了となります。

 

10月上旬~10月中旬:クライマックスシリーズ

 

ペナントレース3位以上(Aクラス)になったチームだけが出場できるのがクライマックスシリーズ!

 

クライマックスシリーズは

  • 1stステージ:2位球団のホーム球場で開催・3戦中、先に2勝した球団がファイナルステージに進出する
  • ファイナルステージ:リーグ優勝した球団のホーム球場で開催・5戦中さきに4勝した球団が日本シリーズ進出

 

基本的にはリーグ優勝した球団が勝ち抜けることが多い設定になっていますが、万が一負けた場合は物議を要することが多い設定となっています。

 

クライマックスシリーズには出場したらなその先にある日本シリーズ進出そして「日本一」を目指した選手たち一丸となって戦います。

 

特に外国人はポストシーズンになるとものすごくテンションが高く傾向です 笑

 

またファンも非常に気合がはいります!

 

見どころ
  • シーズン以上の盛り上がりを見せる
  • 短期決戦のため1つのプレーで流れが傾く
  • 監督の手腕が試される場所

 

 

10月下旬~11月上旬:日本シリーズ

 

セリーグ・パリーグのクライマックスシリーズを勝ち抜いたチーム同士がその年「チャンピオン」を賭けて試合をするのが「日本シリーズ」です。

 

「日本シリーズ」は普段と違って毎試合、地上波で放送されるので非常に注目されます。

 

  • 7戦中先に4勝したチームが日本一
  • 日程はパリーグ側本拠地2試合⇒移動日⇒セリーグ側本拠地3試合⇒移動日⇒パリーグ側本拠地2試合の日程で2019年は実施予定
    (日本一が決定した瞬間、残った試合は行われずチケットは払い戻しとなる)

 

といった感じになっています。

 

ここ数年、セリーグの日本シリーズ優勝は起きていないのでどういった展開になるか楽しみです!

 

見どころ
  • 地上波で放送されるため注目度が1年で一番高い
  • セリーグは数年ぶりに日本一となることができるか?

 

日本シリーズが終了すると同時にシーズン全日程終了となります。ですが、まだまだプロ野球の情報を書いていきますよ!

 

プロ野球のオフシーズンの流れ

10月上旬~10月下旬:みやざきフェニックスリーグ

 

若手選手の育成リーグとして設けているのがこのみやざきフェニックスリーグです。

 

台湾や韓国の方からも参加するチームが出てくるので若い選手が実戦で力をつけるにはもってこいの期間になります!

 

10月下旬:ドラフト会議

 

プロ野球の道に進みたい高校生・大学生・社会人が志望届を出し球団から指名があればプロ野球入りを果たす「運命の日」といっても良いです。

 

毎年ドラフト1位は非常に注目され各スポーツ紙やニュース番組でも「ドラフト1位予想」がされます。

 

また地上波でもドラフト1位まで放送され、そのあとの特番が組まれているほど注目度が非常に高いです。

 

各球団の補強ポイントにどいった選手が指名されるかファンも注目しているのが「ドラフト会議」です。

 

見どころ
  • 甲子園の有名選手・大学や社会人の即戦力選手がどこに入団されるか注目
  • ドラフト会議まえよりさまざまなところで、「予想」が出るので始める前から楽しめる
  • 自分のチームがどんな選手を「1位指名」するか注目される

 

11月上旬~11月中旬:秋季キャンプ

 

チームとしてのシーズン中の反省や来年に向けての能力アップを図るためのキャンプが行われます。

 

主力組やベテラン勢はこのキャンプを免除されることが多いです。おもにシーズン成績不振となった選手や若手がこのキャンプには参加されます。

 

九州や四国の温暖な気候のところでキャンプが実施されます。

 

11月上旬:合同トライアウト

 

球団から戦力外通告を受けた選手が再度、球団からオファーがあるようアピールするのが「合同トライアウト」です。

 

現役時代、過去に素晴らしい成績をもった選手でも成績不振で球団から解雇されることもあります。もういちどプロ野球の場で戦いたいと必死にスカウト陣にアピールをします。

 

ですが、引退試合を球団から設定されずこの「合同トライアウト」を境に引退する選手も多くいます。

 

合同トライアウトからもう一度、プロ野球界に戻ることができるのは10人参加して1人いるかいないかと言われる厳しい門です。

 

11月下旬:NPBアワード

 

ペナントレースでそれぞれ各タイトルを獲得した選手の表彰が行われます。

 

また記者投票で決まる「ベストナイン・シーズンMVP・新人王」もここで発表されるため、よくSNSのトレンドに上がっていることが多いです!

 

見どころ
  • 新人王は誰になるか?
  • ベストナインは誰になるか?
  • シーズンMVPは誰になるか?

 

11月下旬:ファン感謝フェスティバル

 

毎年、このころになると「今年も応援してくださったファンのみなさんにお礼をする日」としてファンフェスティバルが多く開催されます!

 

お目当ての選手とハイタッチできたりすることができたり、試合中は真剣だけどこういった日に選手の素の表情を見ることができます!

 

よくカメラを片手に参加をされている方が多いですね!また参加できなくても、CS放送で生中継してくれるところもあるのでぜひご覧ください!

 

見どころ
  • 普段見れない選手の表情が見れる
  • 球団によってはドラフト指名選手を登場させるところも?
  • シーズン中にあったできごとや裏側を話してくれる

 

12月上旬~12月下旬:ウィンターリーグ

 

日本でのプロ野球のシーズンは終了しましたが、海外では試合をしている国があるのでそういったところに選手が志願してレベルアップのために参加されます。

 

  • アジア(台湾)
  • メキシコ
  • オーストラリア
  • プエルトリコ
  • ドミニカ
  • アメリカ

 

といった各国でウィンターリーグが開催されます。ですが、日本と違って少しでも成績がわるいと「即刻帰国命令」がでます。

 

ここ数年、何名かの選手がウィンターリーグに派遣はされましたけど数試合出て「必要ない」と言われ戻ってくることがありました。実力が優先されるのがウィンターリーグです。

 

1月上旬~1月下旬:自主トレ期間

 

新年を迎えると選手はすぐにキャンプに向けて国内や海外で自主トレを行います。

 

  • 1人で自主トレ
  • 複数人で自主トレ
  • チーム内どうしで自主トレ
  • 普段は違うチーム選手同士で自主トレ

 

などさまざまな形で自主トレを行う選手たちがいます!「え?なんでこの選手と一緒に自主トレしてるの?」ってファンは非常に驚くかもしれませんね!

 

これがプロ野球の1年の流れになります!

 

プロ野球・シーズンの問題点とは?

 

ここからは問題点についてですが、やはりシーズンを見ていると特にクライマックスシリーズ~日本シリーズに関しては「超過密日程」なんですよね。

 

一度でも、雨天中止が挟むと選手は休養する期間がなく連戦続きとなります。

 

もう少しゆとりのある日程にしてみてはどうか?

 

とよくファンの間でも議論になっていますね。またそれと同様にクライマックスシリーズの廃止論がよく話題になります。

 

これについては、私自身はクライマックスシリーズはやってほしいと思っています。

 

まとめ

 

最後になりますが、この記事をざっくりとまとめておきます!

 

 2019年シーズンの試合数は143試合
 開幕戦は注目度が高い
 交流戦はパリーグが強い傾向
4 オールスターは盛り上がる
 夏場は総力戦
 クライマックスシリーズは短期決戦のためファンも過熱する
 日本シリーズは地上波でも放送され注目度が高い
 オフシーズンもこそプロ野球ファンは注目する

 

こんな感じとなりました。プロ野球のシーズン流れがこれで把握できたなら嬉しいです。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
青木なおと
プロ野球のブログを書いていくうちにSEO関連に興味を持ち猛勉強しています。今、ブログ集客に悩んでる方の少しでも参考になるブログを目指してのんびり更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




スポンサーリンク











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 青木なおとのブログ , 2019 All Rights Reserved.