介護の仕事をしながらブログを運営している"ブロガーお助け屋”

”ブロガーお助け屋”ってなに?

記事タイトルの変更はマジで慎重に!【注意するポイント】を徹底解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
青木なおと
プロ野球のブログを書いていくうちにSEO関連に興味を持ち猛勉強しています。今、ブログ集客に悩んでる方の少しでも参考になるブログを目指してのんびり更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

記事タイトルの変更ってアクセスがこないとついつい何度もやってしまいがちですよね?

 

でも、記事タイトルの変更は慎重に行った方が良いってご存知でしたか?

 

この記事では記事タイトルを変更するデメリットやタイトルを変更した方が良い記事の特徴を書き出していきます。

 

  • 記事タイトルを頻回に変えている人
  • タイトルを変更する記事としない記事の特徴がわからない人
  • どうやったら魅力的な記事タイトルにできるか悩んでる人

 

こういった方にこの記事は見てほしいです。記事タイトルの変更はしっかりとデメリットを把握してから慎重に行っていきましょう!

 

また1つ知っておいてほしいのは記事タイトルの変更は検索エンジンに上位表示されるためではなくあくまでもユーザービリティをあげるためと覚えておいてください。

 

 

記事タイトルを変更する主な理由

 

記事タイトルを変更しよう!って思うときいろいろありますよね?

 

  • 検索エンジンに上位表示されているがアクセスがこないとき
  • 記事の書き直し(リライト)たとき
  • 記事の内容とタイトルが関連性がない
  • タイトルが32文字以上で検索エンジンに…がついたとき

 

だいたいブログを運営している人はこういった時に記事のタイトル変更を考えます。

 

記事にアクセスがないと不安に思って何度も変えてしまうよね…

NAOTO

 

でも記事のタイトル変更はデメリットが多くありますので、しっかりと把握をしておきましょう!

 

記事タイトルを変更すると起こるデメリットを知っておこう

 

では記事タイトルの変更はどういったデメリットがあるのか?

 

 SNSでは記事タイトルが自動で変わらない
 リンクを貼ってくれているサイトには変更前の記事タイトルが掲載される
 記事自体の検索順位が下がる可能性もある

 

主にこの3つのデメリットがあります。1つずつ解説をしていきますね!

 

SNSでは記事タイトル変更は自動で変わらない

 

ほとんどのブログ運営者さんがアクセスアップしようとSNSで記事を発信しています。

 

また、ユーザーにとって役に立つ記事であればSNSでもシェアされよりアクセスされるようになります。

 

ですが、記事タイトルを変更してもwordpressでは自動でシェアするとき変更した記事タイトルでリンクを掲載してくれません。

 

 

  • ツイッター⇒「Twitterデベロッパーツール」
  • フェイズブック⇒「シェアデバッカー」

 

TwitterとFacebookはこの2つのサイトで記事のURLを入力して更新作業をする必要があります。

 

仮に記事タイトルを変更したときは忘れずに更新作業をしておこう!

 

記事をリライトした時に忘れがちだから要注意!

NAOTO

 

リンクを貼っている・貼られているところは変更前のタイトルが使われる

 

もしあなたの記事が被リンク(第3者のサイトで紹介をされている)をもらっている場合は、記事のタイトル変更はしない方が良いです。

 

リンクが貼っているサイトは当たり前ですが自分以外の人が管理をしているので、記事のタイトルを変更しても書き直しをしてくれるのはマレです。

 

リンクを掲載しているテキストは変更前のタイトルのまま放置されそこからアクセスをもらってユーザーが見に来てもタイトルが違う事にがっかりして即離脱を招いてしまいます。

 

そうなると、ブログ的にはデメリットになるのでもし被リンクをもらっている記事があればタイトルは変更しない方が良いです。

 

  • 自分の記事がどこのサイトで紹介をされているのか?
  • どの記事がリンクを貼られているか?

 

確認をしたいときはGoogleサーチコンソールの「リンク⇒上位のリンク元サイト」で見つけることができます。

 

記事タイトルを変更するときは必ずここを見ておきましょう!

 

記事自体の検索順位が下がる可能性もある

 

記事タイトルを変更したことによって検索順位が下がる可能性があります。あくまでも可能性ということを頭に入れておいてください。

 

検索エンジンで上位表示されている記事のタイトルを変更するときの注意点は

 

  • キーワードを変えない
  • 新しく入れるキーワードもちゃんと記事と関連している
  • アクセスを集めているキーワードを消さない

 

この3つになります。「どの記事がどのキーワードでアクセスを集めているのか?」Googleサーチコンソールで確認することができます。

 

タイトルを変更した方が良い記事の特徴

 

私もアクセスがないときは何度も記事タイトルを変更した経験があります。

 

その経験からここで言えるのは

記事タイトル変更はデメリットよりも大きなメリットがあると思われる記事に対して行う
事が特徴です。

 

↑で書いた通り記事のタイトル変更はデメリットが多くあります。しっかりと特徴を理解して記事タイトルを変更していこう!

 

掲載順位が低い

 

 

  • 記事を投稿して数カ月経つが検索エンジンで上位表示されない
  • リライトをしたが掲載順位が低い

 

こういった場合はタイトルに含まれているキーワードが適切ではないため変更をする必要性があります。

 

キーワード変更=タイトルの変更+記事の内容も変わります。なのでタイトル変更をしなくてはいけません。

 

記事自体のクリック率が低い

 

検索エンジンで上位表示されているけど、記事自体へのクリック率が低いときは迷わずタイトルを変更してください。

 

こういった場合は「ユーザーの目を引く魅力的なタイトル」をしていない可能性が高いです。

 

  • 検索をしてきた人がどんなタイトルにしたらクリックするか?
  • 自分が検索をしたらどんなタイトルにクリックするか?

 

客観的に見てタイトルをつけていきましょう!また実際にキーワードで検索をかけてみて上位表示されている記事を見てください。

 

上位表示されている記事はだいたいユーザーの目に留まるような記事タイトルにしています。

 

 

内容とタイトルが噛み合ってない

 

記事自体のクリック率が高いのにその記事の滞在時間が短いといった悩みを抱えたことはありませんか?

 

  • ユーザーの求めている内容ではなかった
  • 記事自体の内容不足

 

こういった場合は内容とタイトルが噛み合っていない可能性が高いです。

 

記事の内容に問題があるだけなのでしっかりとユーザーの疑問にこたえる役に立つ記事に変更をしていけば改善されます。

 

記事タイトルの何度も変更するとペナルティがある?

 

ブログ界ではよく噂となっている「記事タイトルを何度も変更するとペナルティがある」という内容

 

実際に私は月に10回ほど記事タイトルを変更をしていますが、いまだのGoogleからペナルティはありません。

 

年に何百回とタイトルを変更することがなければ大丈夫だと思います!

 

Googleもアップデートされていくからそれに対応して記事のタイトルも変更する必要があるからね!

NAOTO

 

記事タイトルの変更は大丈夫だけど、サイトタイトルの変更は「サイトのすべてが変わる」ので頻繁に変更するとペナルティの対象となります。

 

といったもこれはすべて確証がない情報なので「あのサイトでは書いてあったから大丈夫!」と信じず記事タイトルを変更するときは1回で済むようちゃんと考えましょう!

 

記事タイトル変更は慎重に行っていこう!

 

 

もっとも大切なことは記事タイトルの変更は検索エンジンに上位表示されるためではなくあくまでもユーザービリティをあげるため

 

 検索エンジンの順位が低い
 記事自体のクリック率が低い
 内容とタイトルが噛み合っていない

 

こういった時に記事タイトルは変更していってくださいね!ここまで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
青木なおと
プロ野球のブログを書いていくうちにSEO関連に興味を持ち猛勉強しています。今、ブログ集客に悩んでる方の少しでも参考になるブログを目指してのんびり更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 青木なおとのブログ , 2019 All Rights Reserved.