介護の仕事をしながらブログを運営している"ブロガーお助け屋”

”ブロガーお助け屋”ってなに?

【Google Search Console】設定の仕方と使い方をまるっと解説する!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
青木なおと
プロ野球のブログを書いていくうちにSEO関連に興味を持ち猛勉強しています。今、ブログ集客に悩んでる方の少しでも参考になるブログを目指してのんびり更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

Google Search Console(旧Googleウェブマスターツール)はSEO対策としても書いた記事を検索エンジンに上位表示させるためには必要なツールです。

 

Googleが無料で提供をしているため使わない手はありません。そこでこの記事ではGoogle Search Consoleの設定の仕方と使い方を解説します

 

  • Google Search Consoleを知らない人
  • 登録をしたいけど仕方がわからない人
  • 設定はしているけど使い方がわからない人

 

わたしもサイトを何個か作ったときにサーチコンソールで設定しましたが、手順通り行っていけば難しいことではありません。

 

自分のサイトを分析するために必要なツールだから必ず設定しよう!

NAOTO

 

また今回はGoogleアナリティクスに登録をしている前提で記事を書いていきます。

 

アナリティクスの設定がまだしていない人は↓こちらの文字を押すと解説記事をみることができます。

 

 

また2019年3月28日より記事をレンダリングするときにお世話になっていた「Fetch as Google(フェッチ・アズ・グーグル)」が廃止となります。

 

変わりにURL検査でこの機能を使えるのでその点も解説していきます。

 

Google Search Consoleとは?

 

Google Search ConsoleとはGoogleが無料で提供しているウェブマスターツールのことを言います。

 

 来てくれたユーザーがどういったキーワード訪問しているのか
 検索順位を下げている要因はなにか?
 どんなサイトからリンクをもらっているのか?
 投稿した記事どのくらいのクリックをされているのか?

 

などなど、さまざまな機能が備わっています。アナリティクスと違ってサイト内にどういった経路で来ているのか詳しくわかるのがサーチコンソールの大きな特徴です。

 

Googleサーチコンソールの登録をしていく

 

サーチコンソールを登録するのに必要なものは

 

 サイトURL(独自ドメイン)
 Googleメールアドレス

 

この2つが必要です。必ず用意をしておきましょう。

 

サーチコンソールにサイト登録をする

 

まずはGoogleサーチコンソールに自分のサイトを登録していく必要があります。

 

Googleのアカウントをお持ちの方はそのまま検索で【Googleサーチコンソール】と検索してください。

 

↓検索が面倒という方はボタンを押すと登録画面に飛びます↓

 

 

 

「今すぐ開始」を押してください。

 

 

サイトのURL入力画面になりますので、「あなたのサイトURL」を入力してください。

 

 

水色の枠で囲ってある「グーグルアナリティクス」をクリックしてください。そうすると「確認」ボタンがあるのでクリックしてください。

 

Googleアナリティクスで設定をした方が簡単なのでこの記事ではそのように解説していきます。

 

そうすると所有権の確認ができて以下のような画面に切り替わると思います。

 

 

SSL設定をしているなら次の作業を4回繰り返すことになるから気を付けてね!

NAOTO

 

次は、同じように右上にある赤いボタン「プロバティ」を追加をクリックし今度は

 

 https://www.(あなたのドメイン)を入力していきます。

② 入力ができると↑の画面には「https://(あなたのドメイン)」「https://www.(あなたのドメイン)」

 

この2種類があると思います。次Sを抜いたを「http://(あなたのドメイン)」「http://www.(あなたのドメイン)」入力していってください。

 

 

↑の画像と同じようになっていればOKです。(私のテストブログを使って設定してみました)

 

次に「https://(あなたのドメイン)」の段の下に「詳細を表示」という欄がありますので、そこをクリックしてください。

 

 

「サイトマップを送信」をクリックします。

 

 

画面が切り替わります。水色の枠の中に「sitemap.xml」と入力をしてください。

 

入力が終わったら、「送信」を押してください。

 

 

トップページに戻り、サイトマップがこのように青色の棒グラフが出ていれば設定完了です。次にサーチコンソールの使い方を解説していきます!

 

Google Search Consoleの使い方

 

Google Search Consoleはで良く使う機能は↓のとおり

 

 URL検査
 検索パフォーマンス
 リンク

 

この3つだけ覚えておけばサーチコンソールの使い方は十分です。

 

それ以外に使う事がないもんね…

NAOTO

 

URL検査

 

URL検査というのは旧バージョンの「Fetch as Google(フェッチ・アズ・グーグル)」の機能になります。

 

2019年3月28日からこの呼び方に変わったよ!

NAOTO

 

Googleにはbot(ボット)と言われるサイトを評価するAIが24時間365日ずっと、インターネットの世界を彷徨っています。

 

このAIは非常に恥ずかしがり屋で出来たばかりの家(サイト)には入ろうと思っても入る勇気がなく、どこかへ行ってしまいます。

 

安心して入れる家であることをなんども記事を書き、レンダリングをしこのAIにアピールします。

 

 

水色の枠のところに記事のURLをいれるとインデックスされているかどうか調べてくれます。

 

 

ちょっと待つとURLがGoogleに登録されているか結果が出てます。

 

画像ではすでに登録しているURLを使用しましたが、新しい記事を投稿して行った場合は「登録されていません」と表示になります。

 

あとは「インデックス登録をリクエスト」を押して2分ほど待つと記事がGoogleに登録されます。

 

新しく記事を書いたりリライトをしたら必ずインデックス登録をリクエストしよう!

NAOTO

 

検索パフォーマンス

 

 

  • 書いた記事の検索順位
  • どのくらいクリックされたか?
  • 検索ページでどのくらい表示されたか?
  • どんなキーワードで記事が表示されているか?

 

この4つの要素が検索パフォーマンスではわかるようになります。

 

記事を投稿したばかりだと、ほとんどが検索順位80位~100位の間くらいからスタートしていくので、サイトを作って3カ月後くらいに見てみると良いですね!

 

 

左側にある「検索パフォーマンス」を押すと

 

  • 合計クリック数
  • 合計表示数
  • 平均CTR
  • 平均掲載順位

 

というのが出てきます。初期表示では「平均CTR」「平均掲載順位」は表示されていないので必ず押してください。

 

 

するとこのように検索キーワードと4種類の数値が出てきますね。これはブログ全体から見ての数値になりますので1個1個の記事で見ていきたい場合は

 

 

水色の枠に見たい記事のURLを入れるだけで簡単に表示されます。

 

また赤い枠は自分のサイトの一番多くアクセスを集めている記事のURLが順番に表示されているので探すのがめんどうなときはこちらから表示してください。

 

検索パフォーマンスで大切なこと
  • リライトが必要な記事の判断材料になる
  • どういったキーワードで記事が表示されているわかる

 

といったさまざまな判断材料として検索パフォーマンスは使っていきます。

 

リンク

 

「リンク」では主に

 

  • 外部リンク・・・自分のサイトがどのサイトからリンクをもらっているのか?
  • 内部リンク・・・自分のブログ内のリンク状況

 

この2つがわかります。旧バージョンでいうと「サイトへのリンク」に当てはまりますね。

 

 

Googleサーチコンソールのまとめ!

 

 

  • Google Search Consoleを知らない人
  • 登録をしたいけど仕方がわからない人
  • 設定はしているけど使い方がわからない人

 

こういった悩みを持っている人はこの記事をみて解決できたと思います。

 

サーチコンソールはこまめに見てサイト内に問題が発生していたらすぐに解決できるようにしていきましょう!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
青木なおと
プロ野球のブログを書いていくうちにSEO関連に興味を持ち猛勉強しています。今、ブログ集客に悩んでる方の少しでも参考になるブログを目指してのんびり更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 青木なおとのブログ , 2018 All Rights Reserved.