介護の仕事をしながらブログを運営している"ブロガーお助け屋”

”ブロガーお助け屋”ってなに?

ブログの記事数は収入に【関係ない】ってご存知でしたか?

 







この記事を書いている人 - WRITER -
青木なおと
プロ野球のブログを書いていくうちにSEO関連に興味を持ち猛勉強しています。今、ブログ集客に悩んでる方の少しでも参考になるブログを目指してのんびり更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

ブログの記事数は収入に関係あるかないかで言われたらみなさんはどう思いますか?

 

私自身はブログの記事数は収入に関係はないと思っています。

 

実際に「ブログで生活をしていくにはどのくらい記事を書けば良いですか?」とTwitterで質問を受けることがあります。

 

結論を先に言うならブログで生活が出来るようになるまでの記事数は具体的に定まっていないです。

 

ざっくりだけどブログで生活をしていくなら何百記事も書かないといけないよね。

NAOTO

 

実際に今の私の記事数は140記事(2019年3月の時点)で収益は20,000円~30,000円ほどです。

 

単純な計算ではこれの10倍記事を書けば一般的な給料と同じくらいの収入を得てブログで生活をしていくことができるようになりますね。

 

では、本題のどうしてブログの記事数は収益と関係ないのか解説をしていきます。

 

  • 記事を書き続ければ収入を得られると思っている方
  • どのくらいの記事数を書けばブログで生活をしていけると思っている方
  • ブログをやっていてたくさん記事を書いているけど収益につながらない人

 

こういった方の参考にこの記事がなれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

ブログの記事数と収入は関係ない

 

 記事数を増やせば収入も増えていく
 記事数を増やさなければ稼ぐことができない

 

っと他のブログやSNSでも良く言われていますが、もちろんこれは事実です。ですが、これはあくまでも「アクセス面」においての話になります。

 

たしかに記事数が少ないとブログへのアクセスがないよね

NAOTO

 

アドセンスや成果報酬型のアフィリエイトを取り扱っている場合はアクセスがないとまずブログの収益につながることはありません。

 

ですが、単純に記事数を増やせば収益につながるというのは間違った考え方になります。

 

ブログで記事をたくさん書けば収益もあがるのは間違い?

 

ではどうして間違った考え方のなのか?ここでもう一度、あなたがなんで「ブログを運営しよう!」と思ったのか思い出してください。

 

ほとんどの人が「好きなことを情報発信したいから」と決意したからですよね?

 

であれば、その情報を記事にしてユーザーにわかりやすく記事にしていかないといくらたくさん記事を書いたとしてもユーザーのためにならない記事は収益を上げることができません。

 

ユーザーの疑問を解決することができない記事はそもそも検索上位に表示されないもんね!

NAOTO

 

なので、記事数が少ないブログでも

 

  • ユーザーの疑問に答える記事
  • ユーザーが記事を見て「面白い!」と思える記事

 

この2つを書いているブログは少ないPVでも何十万と収益を上げている人もいます。大事なのは量よりもユーザー思いの質のある記事ということです。

 

ちょっと楽をしたい生活をブログでしたいなら200記事以上は最低条件

 

それでも目安を知りたいという方のために書かせてもらうなら、ちょっと楽をした生活をブログでしたいなら最低でも200記事は書く必要があると思います。

 

  • キーワード設定
  • 疑問に答える内容の記事

 

ざっくりですがこの2つが出来ている状態での200記事です。初心者はさらに時間は掛かると思いますので、まずはがむしゃらに100記事ずつ書いていった方が良いですね。

 

こうみると、ブログって本当に苦行だよね…

NAOTO

 

少ない記事数でも収入を得ている人の特徴

 

少ない記事やPV数でも収入を得ている人の特徴は↓こちらです

 

 ライバルが少ないキーワードを設定している
 タイトルのつけ方がうまい
 記事の書き方がうまい
 記事を書くことがメインになっていない

 

この3つです。1つ1つ解説をしていきますね!

 

ライバルが少ないキーワードを設定している

 

少ない記事数で多くの収益を出している人の特徴はライバルが少ないキーワードを探して記事を書いています。

 

そのジャンルの専門の知識が豊富な方の運営しているブログはキーワードを探すのが上手です。

 

↓ライバルが少ないキーワードの探し方はこちらで解説しています↓

>>【本当に必要】ブログのキーワード設定方法を総まとめしてみた!<<

 

タイトルのつけ方が上手い

 

魅力的なタイトルをつけるために運営者は必死になって考えています。

 

記事が検索エンジンに上位表示されていてもタイトルがユーザーを引き付ける魅力的なことが書かれていなければクリックされませんよね?

 

パッと見て人を引き寄せるようなタイトルを設定している人はアクセスが増え収入につながっています。

 

記事の書き方がうまい

 

↑の2つはあくまでも記事に来てもらうために必要なことであってここが一番重要です。

 

その記事に来てもらったユーザーの疑問に答えて納得してもらうための答えを記事にしていっています。

 

  • 見やすい記事
  • 面白い記事
  • 疑問に答えている記事

 

この3つの記事構成になっている人は自然とPV数も増えて収益も増えていきます。

 

↓ユーザーに読みやすい記事の書き方についてこちらで解説しています↓

>>【読みやすい記事の書き方】PV3万を達成したコツを大公開するよ!<<

 

 

記事を書くことがメインになっていない

 

すでにブログで生活をしている人の多くの特徴が「記事を書くことがメイン」になってなく「ブログを楽しんでいる人」が多い。

 

「記事を書く=作業」となってしまいます。書くことがメインになっているいつの間にか記事の内容が「稼ごうとする」文章になってしまいます。

 

しっかりとブログを楽しみながら記事を書いていきましょう!

 

記事数が多いのに収入を挙げられていない人の特徴

 

記事数が多いのに収入をあげることが出来ていない人の特徴は↓2つです

 

  • ビックキーワードを狙っている
  • 1つ1つの記事の内容が薄い

 

ビックキーワードを狙っている

 

キーワード設定で一番やってはいけないのはビックキーワードを狙って記事を書いていくことです。

 

ビックキーワードはSEOに何百万円と力を入れている企業が多くライバルもたくさんいます。そういった戦況で一般的なブログ運営者が記事を書いても検索上位に表示されることはまずありません。

 

マグレで検索上位に表示されたとしアクセスが流れてきたとしてもそれは一時的な状態です。

 

すぐに他のサイトに順位を変えられてしまいます。こういったことからビックキーワードに戦っていくのはブログ界ではやってはいけないことと言われています。

 

1つ1つの記事の内容が薄い

 

質よりも記事数をおおく書いている人は

 

  • 書いたあとの記事
  • これから書く記事

 

が雑な扱いになってしまい1記事ごとの内容が薄くなっています。こういった薄い内容の記事は良いコンテンツとしてGoogleからもユーザーからも嫌われてしまいます。

 

しっかりとユーザーの疑問にこたえる良い記事を書いていきましょう!

 

ブログの記事数よりも良いコンテンツを目指すと収入はあがっていく!

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。最後にいつまでも大切にしてほしいのはブログで稼ぐことを意識するのではなくユーザーのためになる記事を書いていくことです。

 

そうすれば、記事数に関係なくブログでの収入は右肩上がりになっていきます。ブログはコツコツと続けることが重要です。

 

そればブログで生活が出来るようになるまでの最短の近道です。

 

  • 「あのブロガーさんは…」
  • 「どうせ俺には…」

 

とマイナスに考えず自分自身のペースで頑張っていきましょう!最後に少ない記事数で収入を上げている人の特徴をもう一度書き出しておきます。

 

 ライバルが少ないキーワードを設定している
 タイトルのつけ方がうまい
 記事の書き方がうまい
 記事を書くことがメインになっていない

 

みなさんの良きブログライフを祈っています!

この記事を書いている人 - WRITER -
青木なおと
プロ野球のブログを書いていくうちにSEO関連に興味を持ち猛勉強しています。今、ブログ集客に悩んでる方の少しでも参考になるブログを目指してのんびり更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




スポンサーリンク













- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 青木なおとのブログ , 2019 All Rights Reserved.